ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

土屋信子「宇宙11次元計画」




“11次元の空間に行くための装置”として制作された作品を中心としたインスタレーション。
と、ありますが、まさにそれ以上でもそれ以下でも無い展示でした。
それらしいものをそれらしく組み合わせればそれなりのものになる。
今回は時代にあったセンスでうまくいっていたと思う。
大きいものは迫力がありました。


会場外から中を見た印象ではまだ準備中なのかと思い、係の方に聞いてしまいました(笑)
空間の使い方のバランスがあまり良くなかったのかもしれません。