ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR −世界はどこまで知ることができるか?− @横浜美術館

全体的な印象としてはちょっと暗くない?っていう感じでした。
外観やエントランスにあるインスタレーション作品などにはわくわくさせられたものの、"美術館の展示"を超えられなかった印象。
個人的に一番の高まりどころは田名網敬一氏のアニメーションだったわけですが今回の展示のなかでは地味な演出で残念。
単純に"楽しい"とか"面白い"とか"綺麗"とか心を揺さぶられるような展示が少なかったかな。
どちらかというと不安感を煽るかのような作品が多く感じられました…やっぱり暗いよなぁ。
もう少し敷居を下げても良かったのではないかと思いました。


3つの会場を中心に作品展示が行われていたのですが、
配布された地図が解り辛かったり最寄駅から会場への案内なんかも無かったりで(あったのかもしれないけれど気付かなかった)、
こんなんでいいの?と思いました。
駅にこそポスターなどがたくさん貼られていたけれど、通りすがりを引きとめる気は全く感じられず。
なんだか閉鎖的だなぁ〜、なんて感じました。
淋しいよねぇ、せっかくのトリエンナーレなのに。