ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

宮澤佐江 バイク王 バイクライフ研究所発足記念「Fun to Ride! Meeting 2011」 in ラゾーナ川崎

宮澤佐江ちゃんがラゾーナに!!!
ということでフラリと行って参りました〜。


イベント開始の寸前に会場到着ギリギリセーフ。
炎天下での暑さから(猛暑の昼過ぎ)、
(おそらく)佐江ちゃんのファン以外の見物客が脱落してくれていったおかげで、
どんどん前の方へ移動することができ、
最終的には、なかなか近い位置から佐江ちゃんを見ることができました。


佐江ちゃんの登場時のBGMはDiVAの『Cry』。
あのギターサウンドのイントロで心踊らない佐江ヲタはいないはず。


野生のカンで、電車乗り換えの途中で飲料水を買っておいたのが熱中症対策におおいに役に立ちました(笑)
佐江ちゃんの衣装はちょっと秋めいたボーイッシュスタイル。
暑かったと思うけれど、そんなそぶりは一切見せず、いつも通りの『佐江ちゃん』でした。



テリー伊藤とISSA(DA PUMP)らとのバイク談義はあまり耳に入らず、目の前の佐江ちゃんを凝視(笑)
パンツスタイルでも最近の佐江ちゃんの傾向と違って、"サルエルじゃない+ジャストサイズ"だったので、
ボーイッシュスタイルでもスタイルの良さがわかります。
やっぱり「サルエル」は鬼門だなーと改めて。



大学生のパネラーが話をしているときも、
背筋をピンッと伸ばして身体ごとそちらを向けて目をしっかりと見て話を聴いていたのが印象的でした。
ただ、座っていた椅子がバースツールだったので、どんどん脚が開いていっちゃう(笑)


トーク中、ところどころマジ照れの佐江ちゃんが凄く可愛かった!!!
「バイクは男性の背中をギュッとして後ろに乗るのが夢」
「ツーリングもしてみたい」
「AKB48では男前キャラなので、メンバーを後ろに乗せて運転してみたい」
「兄ふたりもバイクに乗る」などなど。
"ツーリング=二人乗り"と勘違いしていました(笑)


ところどころ佐江ちゃんのコミュニケーション力の高さも垣間見れました。
「テリーさんとISSA、どちらのバイクの後ろに乗りたい?」という質問には、ISSAと答え立てつつ、
日ごろ一緒に仕事をする機会のあるテリーさんには気心が知れたような返し。


イベント終了時に退場する佐江ちゃんに腕を伸ばして手を振るファンに、
ハイタッチするよ〜って寄って行って、やっぱし〜ない!、っていう小悪魔プレイ(笑)
会場が沸きました。


佐江ちゃんのファン、多かったです。
ついこの間の生誕祭の団扇を持っているひとやDiVAタオルを首にかけているひとなどもちらほら。
(あの扇子のデザイン、生で見るといろんな意味でびっくりした(笑)いや、頑張ったんだろうけど(笑))
歓声もゲストのなかでひときわ大きかったし。




イベント終了後はフォトセッションといくつかの番組の収録が行われました。
そのときは(佐江ちゃんが)待機のテントの真横にいたのでステージ上の様子は見られなかったのだけれど、
そのテントのなかから佐江ちゃんの元気な声が筒抜けで高まりました(笑)


テントからの退場時はゼロ距離だったものの、真横すぎて後ろ姿しか見ることができなかったのが残念。
そしてそのときに大量のピンチケに走って追いかけられる佐江ちゃん(笑)
先にある横断歩道を何人かの大人に囲まれながらTHE・芸能人らしく闊歩してどこかへと去っていきました。
その姿は小さくでしか確認できなかったけれど、なんだか堂々としていて格好良かったです。




そして翌日放送された『PON!』では収録した際のオンエアを見ることができました。
紹介時のBGMがDiVAの『Cry』で、
「(オリコンランキング)ウィークリー2位」とのアナウンスもあって良かったです。
DiVAは知名度は佐江ちゃんよりも全然低いと思うので、こういうシチュエーションで『Cry』をかけてくれるのが嬉しい。
前日の現場で撮ったとは思えない映像になんだかいろんな意味でびっくり。不思議な気分。
炎天下の野外ステージのイベント後とは見えないほど爽やかな佐江ちゃん。
「瑛太のスネが好き」、という既出の話だったけれど、佐江ちゃん本人のリアクションつきで可愛かったです。


『PON!』ではお笑いコンビ・2700からのインタビューを受けるかたちでした。
佐江ちゃんは芸人さんと絡ませると最強です。
芸人さん側もあんなにケタケタ笑ってくれてリアクションも大きくて、接していて楽しいのでは。


しかし映りが悪かった〜!
実物はもっと可愛かったし、可愛いよ!可愛い!
でもテレビでも可愛い日もあるから、一概に全部が全部「映りが悪い」とも言い切れないんだけれど。


イベント終了後、ピンチケっぽい女ヲタがずっときゃーきゃーわめいていて、
同じファンとして恥ずかしくなったりもしたのですが、
『PON!』ではピンチケ女のきゃーきゃーうるさいのがバッサリカットされていたのでひと安心。
と、いうか単にきゃーきゃーうるさいのが駄目でカットされていたのかな。


会場で「後ろに(メンバーを)乗せるんなら、ゆきりん!」っていうのが聴こえていたのですが、
そのときはテリーさんもいたときだったようなので、『スッキリ!』用だったのかな、と。
そちらはオンエア確認できず。




なんとなくだけれど、佐江ちゃんにとって今回のこのイベントは、
また少し自信に繋がったのではないかと思いました。
たくさんのひとが、集まって、自分に声援を送ってくれること、そして追っかけられること(笑)
国民的アイドルの一員であることを肌で感じることができたんじゃないかなと。


今回のイベントで嬉しかったのが、佐江ちゃんのことを知らない見物人の方が、
「AKBの子だって〜!細い〜!可愛い〜!」などと言っているのが聴こえてきたこと。
こういうイベントもそれなりに知名度の上がるキッカケになるんだなぁと実感。
佐江ちゃんはそのへんがまだまだイマイチだけれど、
こういったかたちでも少しづつ認知されていったらいいなぁと思いました。
どうして今回のイベントに佐江ちゃんが抜擢されたのか、そのへんの理由が気になりました。