ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜〈 A1st「PARTYが始まるよ」公演 〉 in ライブビューイング

リバイバル公演千秋楽、映画館で鑑賞してまいりました。
サプライズも特に無く。千秋楽にしては公演の印象も含め割とあっけない幕切れだった気が。


ひとことでいうと"大人のステージ"。
みんなプロフェッショナルでした。だからといってこなしている感じも無く。緊張感もありました。
皆成長しているんだなぁっていうのが明らかで。初期からのファンの方は凄く嬉しかったんじゃないかな。


ただ、あっちゃんは…個人的には今日は『脱子』の日でしたね。残念。
最後の最後、エビカツのときだけエースオーラ出されても…という感じ。


K3rdやK6thを観てしまっているので、物足りなさがある。
セットリストそのものの性格や個性も影響してるんだろうけど。
表面的にはとても綺麗に仕上がっていて"大人のステージ"、だけど
やっぱり何かそこまでしっくりこない感じなのはチームAとチームKがそこまでマッチしてない、そうなるには時間が足りないというか。
遠慮がどうこうって話でも無いんだろうけど、どうしても先に見たチーム公演と比べてしまう。
Aメン(ひとり除いて)もプロフェッショナル、Kメンもプロフェッショナル、それでもなんかぎこちなさがあったんだよね。
メンバー寄せ集めてひとつの公演をやっても駄目なんだって。


でも良い曲ばっかりだったなぁ〜。
ノリの良い曲も良いんだけど、聴かせる曲が多くて。みんな綺麗だった。


前述した通り、平均して水準の高いパフォーマンスを魅せてくれたキャストのなかで、
フレッシュな印象を受けたのは増田有華ちゃんでした。
なんか最近の有華ちゃんはノッてる。DiVAも2曲連続の選抜入りも追い風にして。凄くそんな感じがする。


そんな有華ちゃんと秋元才加ちゃんとでのユニット、『あなたとクリスマスイブ』はとっても良かった。
生歌で美しかった。これを聴けただけでもちょっと元を取れた気分。
オーラと迫力が他のユニットに比べて頭ひとつ抜けていたかと。
ただ衣装のせいで2人の胸格差が浮き彫りに(笑)。ゆっぱい強し!


さて、私の推しメン宮澤佐江ちゃんは。
楽しんでましたね〜。先輩たちに甘える後輩気質が垣間見えてなんだか可愛かった。こういう感じはKでは見れない。
ただやっぱり(カメラワークのせいもあるけど)、オリメンの影に自ら隠れてしまったかなぁって。
公演の演目が演目ということもあり持ち味はそこまで出せていなかったような気がします。でも今回はそれでいいんだと思う。
ラスト、映画館組への佐江ちゃんからのスキンシップ(?)は高まったわぁ!
今日はコンディションも良好。ユニット、『クラスメイト』でもスタイルの良さがとても映えていて良かった。


才加ちゃんは空気感を読みつつ、自分のパフォーマンスもしつつと凄く器用にやっていた印象。
大島優子ちゃんは相変わらずさすがでA公演にも関わらずMCやパフォーマンス、どちらにおいてもひっぱっていっていました。
小嶋陽菜ちゃん、峯岸みなみちゃんはメディア露出ばかりが目立ってるけれど公演で見ると一生懸命さだったり表現力だったり、もっと好きになります。
篠田麻里子ちゃんも超多忙のなか、しっかりと仕上げてくるのは凄い。
梅田彩佳ちゃんも楽しそうで良かったなぁ〜。同じ振付で踊っていても梅ちゃんは良い意味で全然違って見える。
そこまで難しいフリが無かったからこそ、余計に感じました。結論はDiVA最高!←


あー、やっぱりやっぱり生で見たかったなー。


余談。
休日ということもありシネコンの一番大きいスクリーンが満席!
MIXやコールも全開でした。でもどうしても映画館でのそれは笑ってしまうのよね(笑)。
あと麻里子ちゃん卒業発表があり今巷で話題のニューカマー・江口愛実ちゃんの電撃昇格!みたいなのも期待したけどありませんでした(笑)。


追記:
愛実ちゃんの件は全力で釣られました、ちょっと悔しい(笑)。