ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜〈 K6th「RESET」公演 〉 in ライブビューイング

まさか映画館で公演鑑賞することになるとは…!
『マイ・バック・ページ』を観るつもりで映画館に行ったら巷で話題のAKBリバイバル公演のチケットが余ってる…!
興味本位で鑑賞してみることにしました。
でもK6thって現行公演でして(笑)
現行公演をスクリーンで見るのもどうなの?と思ったんだけどさ。


正直、入り込むのに時間が要った。
まず、ライブ中継なので当然ながらカメラが偏る、あくまでも他人の視点。
全部が全部、ひとりひとりの全身の動きが解るようなカメラワークではなくて。
人気メンバーの顔アップ、バストアップ、思いっきり引いたアングル等…これだけでは厳しい。


あとは"口パク"であること。
こちらはAKBでは大前提なわけですが、前述のカメラワーク+生歌じゃないっていうのは結構響きました。
やっぱりAKBって"劇場で生でパフォーマンスを見ないと解らない"グループなんだとつくづく感じました。


そんなこんなでしたが次第に環境に慣れていきまして。それなりに楽しむことができました。


個人的MVPは阿部マリアちゃん。次点が峯岸みなみちゃん。


まりあちゃんは10期研究生。休演の米沢瑠美ちゃんのアンダー出演だったんだけど、もの凄かったです。
初々しさはもちろん、力強いがむしゃらさ、全開で。
現チームKに居ても全く違和感無く、正規メンバーにひけをとらないどころか、喰ってました。
とにかくこの子を観ていたい!と思いました。
MCなんか喋るとものすごく幼くて、あどけないんだけどね。


みぃちゃんも素晴らしかったです。熱心なファンがいることに改めて納得。
他のKメンも皆安定感バッチリだったんだけど、みぃちゃんの表現力は群を抜いていたと思います。
ダンスがもともと上手いのは勿論なんだけど、大きいフリから細かい表現まで、とても神経が行き届いていて惚れ惚れ。


アンコール後、最後の挨拶は板野友美ちゃん。ここでの旧Kメンとのやりとりがとても感動的で。
ともちんも才加ちゃんも佐江ちゃんもみんな涙をこらえていました、私までもらい泣きですよ…
直後の『引っ越しました』ではともちんの本当に気持ちの入った、心のこもったパフォーマンスを観ることができました。


松井咲子ちゃんも良かった。動きや表現がシャープでクリーン。
名前を挙げていくとほんとうにキリが無いんだけど…あやりんは可愛いし…とか(笑)
言わずもがな、大島優子ちゃん、素晴らしかったです、MCもさすが。
秋元才加ちゃんも言うこと無し、さすがKのキャプテン。


さて、私の推しメン宮澤佐江ちゃん。
先に述べたメンバーと比べると特にひっかかるところはありませんでした。
MCでは大活躍(笑)、お客さんへのサービスも相変わらずバッチリで。
見慣れているということもあるけど良い意味で『いつもの佐江ちゃんのパフォーマンス』、というのが率直な感想。


期待を裏切るメンバーはひとりもいませんでした。MCも楽しかった〜!
引きのアングルになったときの美しいこと。一丸となって公演をつくりあげているのがきちんと伝わりました。
メンバーひとりひとりがしっかりと表現していたと思います。
さすがエンターテイメント集団、チームK。


ただ一点、阿部マリアちゃんに敵った子が正規メンバー居なかったことは正直、ちょっと残念だったかな。


あくまで映画館で観賞した感想にすぎないけれど、"メディアで会えるアイドル"になりつつある今、
どんな形であれ「公演」を観ることができる機会があるということは良いことだなと感じました。ハイ、当たり前ですね。


余談。
となりのとなりの席の人は佐江ちゃん1推し、梅ちゃん2推しと思われる。
ラストのエビカツの時に映画館の一番前、席を飛び出してヲタ芸やってる人達…
ってか映画館なのにMIXやコールが当たり前のように行われてることに最初は面食らいました(笑)
気持ちはワカルヨ…気持ちは……