ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

田窪恭治展 風景芸術

来るもの拒まず、去るもの追わず、な展示でした。


『風景芸術』に関しては素直に面白いと思ったけど、とにかく想像していたのとは全く違った展示でビックリ。
かなり建築に寄ってる。
展示の流れも含め、見せ方は上手くはないです。
大がかりな再現や展示は圧巻だったけど、あらかじめ出来上がりというか、
そういったものを説明してくれる何かがないとわからない。キャプションだけじゃ力不足。
建築物の全体像をまず見せてもらわないとポカーン、ですよ。
それでいきなりドカーン!ですから、なにがなんだか。
それが良い場合もあるけど今回はそうではない展示だったと思う。
個人的には『林檎の礼拝堂』の壁2面を使用した映像を見るまでイマイチ入り込めなかった(遅)
こういったインスタレーション的なものを序盤に見たら、また違った風に展示物を見ることができたのではと思います。


けれどもそんな中、建築物のスケールをそのままに感じられる展示は貴重だと思います。
芸術と建築、芸術家が取り組む山の再生計画、
それぞれの『生き方』について、新しい発見をさせてもらえた展示でした。
そういった点ではとても興味深かったです。