ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―

お腹いっぱいにはなったんだけど飽きちゃった。
数はあったんだけどメリハリが無くて。


前日に『太郎展』を見たせいか全体的に「大人っぽいなぁ〜」と思った(笑)、
言葉を少し悪くすると「カマトトぶってんじゃねぇよ!」って(笑)


作品達はどれも"大人の仕事"。
マン・レイなんかはぶっちゃけ作品はよく解らないんだけど(笑)、
「これが作品だ!」って言ってしまう心意気が"お洒落なおじさま"として少し憧れるところなのです。


でも、やっぱり私は岡本太郎や横尾忠則が好きだなぁ〜と改めて思った。


『甘美な死骸』シリーズ(?)なんかは初めて見たパターンだったので驚いた。これも大人の遊びよね。
グラフィック作品・資料はさすが、洗練されていてどれも本当に素敵。


マグリッドはもともと好きなんだけど展示会場出口後の複製画コーナーのほうが高まるラインナップ…残念。


国立新美術館は何年かぶりに行ったんだけど、作品の展示に余裕があり、キャプションが解りやすくて良い。
建築も勿論素晴らしいんだけど、スタッフの対応も含めて客への"配慮"と"品"がある。
気持ちよく時間を過ごすことができました。