ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

高校デビュー

女優・宮澤佐江が見たくて見に行ったんだけど、出番が少なすぎてがっかり…
この映画の中だけでいえば大して重要な役ではなかったし…う〜ん、物足りなかった。
演技は相変わらず、安定。
だけど今のAKBのポジションのまま女優仕事を突き詰めていくってのは厳しいなぁ〜と改めて。
そっち方面で超優遇されてる某メンバーとは違うから。ユニット活動もはじまっちゃったし。先は長いなぁ〜。


映画はとにかくコミカルでポップ。可愛い映画で、アリだと思います。
長編少女漫画が原作なので当たり前のようにいろいろと描ききれてないんだけど(笑)、
テンポよく進んでいくのであんまり気にならず、あっという間の時間でした。


主人公・晴菜の純粋で一生懸命なところが演じた大野いとちゃんそのままの初々しさ、
頑張ってる姿とあいまってとても好感が持てました。


ラストに向かうにつれテンションが落ち着いてしまって残念。
もっとファンタジーに徹したらよかったのに。
ありきたりな感じであっさりと終わってしまったので拍子抜けかな。


ホリプロの大型新人・大野いとの女優デビューとしては完璧なスタートだと思う。
なんだかんだでやっぱり大手は凄いわ…最年少で『月刊NEO 大野いと』も出るしね。
この件に関してはカメラマンに若木信吾をブッキングしたプロデューサー、イワタさんのセンスがかっこいいです。