ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

地下鉄サリン事件 15年目の真相 〜あの日、霞ヶ関で何が起こったのか〜

ちょっとしか見ていないので感想にはなっていません。


"伝えること"と"演出"することは全くの別物。
この手のものは、"伝えること"に重点を置いてもらえないと気分悪い。


身近な事件をエンタテイメントとして"演出"してしまったことは嫌だった。
幸い、犯人側のキャストに有名な役者が居なかったことが救いだったけど。
"演出"するならば、もっと正しさの象徴になる花型役者が居ても良かったのでは。


おもしろく、目をひく作品だったからこそ
真似したくなっちゃう人、いるんじゃない?