ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

OH MY GIRL 正規アルバム1集「The Fifth Season」 コンセプトティーザー(Gallery Audio Guide Ver.)

うそでしょ… おまごるのスタッフヌナがカムバックした… 拝啓 おまごるのスタッフヌナ、 もう私はヌナたちの作品を見ることはないのかもしれないと悲しみに暮れていました。 2016年以降行方をくらませたヌナたち、 カムバックしてくれてありがとうございます…

バーニング 劇場版

めちゃくちゃ気持ち悪い映画だった。 この「気持ち悪い」はトリプルミーニングどころかフィフスミーニングというか。 なにもわからないし、なにも信じられないし。 せめて心情的には主人公の身に起こることくらい信じたいのに、それすらさせてくれない。 映…

EXO-CBX “MAGICAL CIRCUS” 2019 -Special Edition- in さいたまスーパーアリーナ

帰ってきた『MAGICAL CIRCUS』! 昨年の『EXO-CBX』による『MAGICAL CIRCUS』公演は、 あまりの初日の評判の良さに当日引換券で入って、 ステージサイド席だったにも関わらずめちゃくちゃ最高に楽しくて、 ベッキョン先生にレスまで貰えちゃったりってのもあ…

岬の兄妹

観たくなかった。 でも観なきゃいけないやつだった。 「かわいそう」とか「つらい」とか、 まるで他人事であるかのように自分を騙しながら観ないと、とても耐えられない映画だった。 それほどまでに私にとっては他人事ではない話だったと思うし、 できたら楽…

デイアンドナイト

作品の良し悪しや好みは抜きにして、私は支持したい。 こういう「意志」を持った映画は大事だし大切だし必要。 個人的にかなり疲れていたのだけれど、こういった作品を観ると元気出ますね! ただオイオイオイ~っていう部分はめちゃくちゃあった。 第一につ…

映画 少年たち

ジャニーさん、平成最後にとんでもないものを…という感じ。 しかしこれはぜんぜん褒め言葉の意ではないです。 当方、舞台『少年たち』シリーズは観たことないどころか、 ジャニーズの現場に入ったことすらもありません。 入りたいけど入れない、ジャニーズ大…

NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’ 追加公演 in さいたまスーパーアリーナ

私は『NCT』のことが好きです。 けれど『NCT 127』が好きなのかと聞かれるとするならば、 メンバーのことは大好きなんだけど…と、 回答するのにちょっといろいろと説明が必要というか。 要するにそういう感じなんです。 以下、長い前説です。 …狂気のレベル…

グリーンブック

気がついたらアカデミー賞の作品賞受賞作品は観ておこう、という風になっていた。 そしてそうこうしていくうちに「アカデミー賞作品賞」を獲ったと聞けば、 その作品は「なぜ」「どうして」作品賞なのかということを、 "考えなければならない"ものなのではな…

殺されたのは私の夢だったかもしれない。

女の子の抱く夢が踏みにじられることは本当に本当に許せない。 かつての自分を重ねるからだ。まったく他人事ではない。 私は夢を手放しそうになったことがあるし、そうならざるをえない状況になったことがある。 けれど、ちょっとかたちが変わったかもしれな…

斬、

最近つかれていた。 気がつくと些細なことや何てことのない日常でもメソメソしちゃうくらいにはつかれていた。 肉体的な疲労はもちろんあるけれど、でもそれはあんまりイヤな疲労ではなくて。 もう言っちゃうけど、ぶっちゃけダニエルのことがかなりきつい。…

オン・ソンウ × チョン・ソミ @ファッションブランド BEAN POLE Sport(と、オンさんいろいろ)

ババーン! 【第2話】 オンソンウに『I.O.I』から新たな刺客!? チョンソミ、登場! もうここまできたらオンさん選手には『I.O.I』を全クリ(?)してほしい! たぶん最難関はギョルギョンだし、きっと大ボスは同じ事務所のドヨンちゃん。 おふたりとも見事な…

VIXX N Fanmeeting 2019 <A! Cha hakyeon> in Japan 夜公演 IN Zepp Tokyo

いまだに、なんで兵役があるのかぜんぜんわからない。 なんでエンくん(『VIXX』のN )が兵役に就かなければならないのかわからない。 彼らは「韓国の男として当然だ」と言うけれど、 やっぱりどうしても私は日本の女なのでわからない。 K-POPが好きになって…

七つの会議

「原作:池井戸潤」て、いつもなら回れ右しちゃうやつです。 でも最初に断っておくと、ちゃんとおもしろかった。 映画『七つの会議』はめちゃくちゃ『アウトレイジ』だった。 なんつーか役者がどれだけ楽しみながらマジのガチで演じるかっていうところが。 …

オン・ソンウ × ミナ(gugudan)@カジュアルファッションブランド BANG BANG イメージモデル

オンミナ、 健全すぎてすごい。 性的な感じがいっさいしない…父娘じゃん…… 兄妹だし従兄妹だし、友達ですらない感じ。 恋愛に発展するのがまったく想像できないのすごくない? そしてなんだろうこのミナちゃんがオンさんを相手にしないだろうな感。 そういう…

女王陛下のお気に入り

めちゃくちゃ好きなやつだった。 「醜い」もの・ことに寄り添ってみたり、突き放したり。 そんなふうに人間の醜さを掌で転がして遊んでいるかのような映画だった。 そして、描かれる「醜い」を愛でる気持ちがある一方で、それを鼻で笑う自分の醜さよ。 だっ…

オン・ソンウ、ようこそ日本へ。@仁川国際空港

ひゃー。 WELCOME ようこそ日本へ 君が今ここにいることとびきりの運命に 心からありがとう今日も 君が君らしく 青空の下で輝いているきれいだね 君こそ我が誇り Dear オンさん~~~~~~~~♪ おぼっちゃま。 ねぐせ。 ひー。 カメラバッグ…わからんけど…

生きてるだけで、愛。

映画を観る前に、5年以上使用しているiPhoneのバッテリーの交換を頼んだんです。 映画館が入っている商業ビルの一階の修理屋さんで。 映画を観終わって、中に入っていたバッテリーが変わったであろうiPhoneと再会した。 ケースも装着してないし、店員さんが…

2019 Wanna One Concert [Therefore] in ライブビューイング

昨日のことである。 『VIXX』のN(エンくん)が入隊するとの知らせがあった。 えねねんは、それは「当然のこと」だという姿勢を積極的に見せていたくらいなので、 「応援が力になる」と言われたらこちらとしては応援するしかないんですよ、と。 そう思わせて…

「きのう何食べた?」は、週刊漫画誌の連載で読んでほしい。

いやー実写ドラマ化のうわさ、本当だった! しかもまさかの豪華キャストのうわさも本当だった!すごいすごい! インタビューがもう愛にあふれてるよ… 主演の西島さん・内野さんのコメントもだけれど、 この記事をつくった方々からの愛も感じるよ…始まる前か…

松坂桃李のオールナイトニッポンGOLD

チックタック 便所ワンキル ももぎおう まひゅーマコノヒー 遊戯王ではキングなのにラジオでは赤点、 とぅーり先輩、伝説になったな!

明けまして、ところで俺のK-POPはいつカムバックすんの?

みなさんのK-POPはカムバックしました?こちらはまだです! ゆーてもまだ2019年になって一週間しか経ってないじゃんね…知ってる。 でも、一週間しか経ってないのにカムバックするか不安なんだよ~。 だってさ~~~まだ好きでいたいから~~~~~~~! 201…

@岡本太郎記念館 / 企画展「瞬間瞬間に生きる ー岡本太郎とジャズー」

ART

「美術館、いっしょに行かない?」と言うのは、 実はなかなかハードルが高いということがわかってきたここ数年。 よくよく考えればいまの私には"誰かと行きたくなるような展示"なんてそんなにない。 もう一生会えないかと思っていた大好きな友だちが、 約6年…

【まとめと】俺のK-POP 2018【もろもろ】

2018年の当ブログのK-POP関連記事のまとめと、 そこそこボリュ~ミ~になってしまったその他もろもろでございます。 プロローグはこちら。 【過去のまとめ記事】 ■【まとめ】俺のK-POP 2015【前編】 / ■【まとめ】俺のK-POP 2015【後編】(ヤバイ) ■【まとめ…

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

微笑みの国、テンちゃんの国の映画。 そこで描かれていたのは、私の知ってるタイではなかった。 微笑みだけではやっていけないんだぞ、といい意味で新しい視点を与えてもらったと思う。 主人公はほとんど微笑んでないし、微笑んでる場合じゃない。 近年稀に…

来る

来る!!!!!めちゃくちゃおもしろかった!!!!!!!!!!!!!! これホラーなの?個人的にはエンターテイメントが勝ったぞ!? 怖いの苦手だし、実際怖くなかったかといえば怖い場面はあったけれど、 観終わったあとは観ている最中に「怖い」と思っ…

【プロローグ】俺のK-POP 2018【ジョンヒョンとの一年】

「アイドル」というものに触れているとき、 そこにはジョンヒョンがいた。 そんな一年だった。 "「アイドル」は「人間」である"ということを大前提に、 いろいろなことを受け止めるようになった。 「アイドル」という存在に対して、以前より優しくなった…気…

昭和元禄落語心中

言葉にならない。 泣くことしかできない。 とてもとても、美しかった。

2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN IN さいたまスーパーアリーナ

最近のK-POP、いろいろありすぎて辟易してしまっていた。 もはやどうして自分が今回の『2018 MAMA』のチケットを獲ったのかも、 ちょっと忘れちゃうくらいで。(言いすぎな!) もう公演名が『MAMA』なんですね。(正式名称は『Mnet Asian Music Awards』) …

ボヘミアン・ラプソディ

すごく良かった… 「クイーンの音楽」が圧倒的主役の映画だった。 つくっているひとたちが「クイーンの音楽」を愛しているのがとてもよくわかった。 言い方を変えると「クイーンの音楽」に全振りというか、全てを預けているというか。 そういった意味でも、や…

"村上虹郎が出てそうな映画に村上虹郎が出てる"って思って観たけれど、 本当に"村上虹郎が出てそうな映画に村上虹郎が出てる"だけでは、っていう。逆にすごい。 前半はまじでただのそれ、「村上虹郎のイメージビデオ」でしかなくて、 まじでびっくりしたのだ…