ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

JOHNNY'S

映画 少年たち

ジャニーさん、平成最後にとんでもないものを…という感じ。 しかしこれはぜんぜん褒め言葉の意ではないです。 当方、舞台『少年たち』シリーズは観たことないどころか、 ジャニーズの現場に入ったことすらもありません。 入りたいけど入れない、ジャニーズ大…

平野紫耀、2018年の「アイドル」。

平野紫耀は以前「推していた」。 過去形なのは、いまは推していないから。 どちらかというと、気がついたら逆の感情のようなものを抱くようになっていた。 「キンプリ」こと『King & Prince』として6人組でデビューした平野紫耀。 キンプリは初めて目にした…

仲田拡輝くん改め百名ヒロキくん、私はきみのことを知らなかった。

仲田拡輝くんがジャニーズ事務所を退所した。 この文面だけ見たら、なんか物悲しくてさみしいじゃないですか。 仲田くんのことは、正直そんなによく知らない。 けれど、「ジャニーズJr.」の人気グループ『Travis Japan』で活躍していた彼の退所はまさかまさ…

平野紫耀 @大塚食品 ビタミン炭酸MATCH(マッチ) CM

彼はいつだって、 空気を自分のものにしてしまう、 「主人公」。 それが、平野紫耀。 (祝・初単独CM記念ポエム) その"圧倒的な主人公感"は、 ドラマ『SHARK』のころからまったく変わっていない。 そして、"外"に出てこそなお輝く。

平野紫耀 @Dance SQUAREE ダンススクエア vol.15

(以下、ただ"雑誌を購入しただけ"のおおげさなポエムです) いつもどおり、本屋に赴いた。いろいろな雑誌のコーナーを立ち読みしていた。 いつもどおり、たどりついたエンターテイメント雑誌のコーナーで足が止まった。 平野紫耀。 彼がひとりで雑誌の表紙…

アイドルの夜明け

※以下、あくまでいちファンの憶測の部分もおおいにありますので、 ことばの語尾に「~っぽい」ということばをつけていただければと思います。 「ジャニーズJr.」で現在、最推されユニットである『Mr.KING』。 そのなかでも最近は(顔も身体も)成長著しい永…

平野紫耀×倉田瑞希

ついに重い腰を上げ、2014年に放送されたテレビドラマ『SHARK』を見た。SHARK DVD-BOX(初回限定生産豪華版)出版社/メーカー: バップ発売日: 2014/07/30メディア: DVDこの商品を含むブログ (2件) を見るありがちなバンドもの。先の見えるストーリー展開。 お…

「推しメン」が「スペオキ」っぽい件。

ジャニーズ迷子は絶賛継続中です。 「ジャニヲタ」というスペックを持っていない私は、いまその戸惑いの真っ只中にいます。 そんな状況は、おそらくほとんど変わっていません。 年末年始の『ジャニーズ・ワールド』が催された期間は、 物欲に身をまかせるこ…

映画「ピンクとグレー」を観たあとに小説「ピンクとグレー」を読んだ

ある日、ふと図書館に立ち寄り、ふと目に入った小説『蛇にピアス』を手に取った。 一時間足らずくらいであっという間に読み終えてしまった。 そして実写映画も観たいな~なんて思っていたらすぐに見ることができた。 実写化するって本当に難しい。 原作と異…

ジャニワに行かないことを理由にお金をつかうこと

ジャニーズ迷子、継続中です。 『ジャニワ』とは『ジャニーズ・ワールド』のこと。 作・構成・演出を『ジャニーズ事務所』のトップに君臨するジャニー喜多川氏が手掛けるミュージカル作品である。らしい。 私がいまいちばん行きたい現場がジャニワです。 御…

ジャニーズ迷子

ついに、うっかり「ジャニーズ」にハマってしまいました。 きっかけはドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』。 そこでの「ジャニーズJr.」の面々の充実ぶりに、「ジャニーズもおもしろそうだな」と思ったのが終りの始まりでした。 それからというものの「ジュニア」…

お兄ちゃん、ガチャ

今クール一番楽しませてもらったのはこちらのドラマ。 きゃりーぱみゅぱみゅちっくなファンシー・キュートな美術が印象的でした。 何気にこわ~~~いお話でしたね。 女子の!欲望!丸出し! 主人公・ミコを演じたのは『Woman』でその演技力を見せつけてくれ…