ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

ミステリースペシャル「満願」 最終夜「満願」

ひさしぶりにザ・高良健吾をテレビでお目にかかれただけでもありがたいのに、 描かれている市川実和子との、「ふたりにしかわからない関係」がとてもとても色っぽく、 大変いいものを見せていただきました。 NHKと熊切和嘉氏に感謝いたします。

「野火」 終戦記念日特別上映

「終戦の日」、私は『野火』(のび)という映画を観ました。 こちらの映画、公開は2015年。 当時も話題になっていたけれど、残念ながら観る機会がなくて。 でも「観なきゃいけない映画」だっていうことはわかっていました。 それでも月日が流れ、ただでさえ…

LOOΠΔ(LOONA)「favOriTe」 ミュージックビデオ

これすごいな・・・・ファンには最高のプレゼントじゃん・・・・・・・・・ これまでの活動曲では見られなかった12人のメンバーそれぞれの知らぬ姿! そしてそのメンバーをすでに把握できている喜びよ! イヴ様のセンターのとこ至高じゃないすか! 先日、つ…

見てます、「PRODUCE48」。

どうもどうも。 『AKB48』でアイドルヲタクデビューして、いまやK-POPファンである私が、 『PRODUCE48』(プデュ48)をスルーできる理由がないんですよ。 プデュはS2を最終回だけ生放送を視聴して、 そのあと『Wanna One』がデビューしてから後追いでちょこ…

パンク侍、斬られて候

町田康による原作は未読ながらも、このカバービジュアルはよく覚えている。パンク侍、斬られて候 (角川文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/10/01メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 51回この商品を含むブログ (129件) を見るたぶん当時…

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

宣伝ビジュアルをいっさい裏切らない映像は、スタイリッシュで美しい。 けれど、思いのほか、その(映像の)ビジュアルに頼っておらず、そこは素直に感心した。 この内容で登場人物を人質にとったような作品にあるような後味にならなかったのは、 とにかく主…

焼肉ドラゴン

すごい映画だった。 すごくいい意味で、特定のキャラクター「だけ」が印象に残るということはなかった。 ただただ『焼肉ドラゴン』という映画そのものの存在感が残る。 登場人物たちはフラットにそこにいる。 某ハイローさんがつくった「全員主役」っていう…

ASTRO スペシャルミニアルバム「Rise Up」 コンセプトフォト "BLUE SKY"

ちょっとこれすごい。 聞いてない。 『ASTRO』のティーザーイメージがすごいです。 "「アイドル」と「青空」"。 こんなにも、間違いないに決まっている組み合わせなのに、 ようやくやっとお目見えしたような気がする。 暑くて、爽やかで、ただただまぶしい。…

Wanna One World Tour<ONE:THE WORLD>in Tokyo in 幕張メッセ国際展示場 1-3ホール

たぶん『Wanna One』の最初で最後の日本単独公演だと思います。 彼らが初来日した『MAMA 2017』でのライブステージは運よく目にすることができました。 今回は私にとって、「単独」を抜きにしても、 きっと"最後の『Wanna One』のライブ"だろうと思いながら…

Wanna One「1÷χ=1 (Undivided): Special Album」発売記念~個別ハイタッチ会及びミート&グリート~ in 東京ビックサイト西3ホール

平成最後の夏、 私はオン・ソンウと手と手を合わせたのでした。 個別ハイタッチ会、オン・ソンウ 6部。 これは勝たなきゃいけない戦いでした。同点でもだめ。 たった一回のハイタッチだから。 そのくらい気合い十分で挑んだのですが、 先に結果を言ってしま…

BPM ビート・パー・ミニット

それは闘いの記録だった。 映画のパワーがすごすぎて上映終了後も圧倒されたままで、 劇場から出てロビーにある椅子に腰をかけたものの、なかなか立つことができなかった。 『第70回カンヌ国際映画祭』(2017年)グランプリ受賞作品。 (『万引き家族』は翌…

君の名前で僕を呼んで(二回目)

エロ本が目の前にあったら黙って見ちゃうでしょ? ありがとう、地元のミニシアターよ。 おかげさまで劇場で二回目を観ることができました。 一回目に観たときに、とにかく「すごくいいBL」だと思ったので、 そんな「すごくいいBL」をあますことなく摂取して…

UNB「BLACK HEART」

とんだダークホースだった。 今年の俺のK-POP楽曲大賞は『UNB』の『BLACK HEART』だわ。(暫定) 正~直、最近の界隈の傾向から察するに、 いまのところ、この曲を超えた私好みど真ん中が出てくるとは思えない。 ちなみにこの曲が公開される前は『SEVENTEEN…

#HAPPYNDAY

「인연」の意味は「縁」なのだそう。 愛し、愛され。 えねねん、お誕生日おめでとう。 ありがとう。

万引き家族

すごく好きな映画だった。 泣けも笑えもしなかったけれど、是枝裕和監督がしっかり「幸せ」のビジョンを持っていて、 でもそれを観客に押し付けない、ジャッジさせる。 表現としてはちょっとあざとすぎると思った部分もあったけれど、 作品が真っ正面からぶ…

続・アイドルには心も身体も健康であってほしいんだよ。

もう総選挙なんて終わりにしたほうがいい。 私のなかの『AKB48選抜総選挙』は、 アイドルとファンが想いを伝えあうというものだった。 それは私の唯一無二の「推しメン」である宮澤佐江ちゃんが教えてくれたようなものだ。 今回、1位に輝いた松井珠理奈は、…

Vision

すごい、これ商業映画というよりは、まるでアートだった。 そんな「まるでアート」にも関わらず、豪華な映像・豪華キャストのこの作品を、 なぜこんな片田舎のシネコンで観ることができたのか。 なぜならそれは配給が『LDH pictures』で、 エグゼクティブ・…

トッケビ ~君がくれた愛しい日々〜

まるで長い夢を見ているようだった。 それはとても美しかった。 それは本当に神様とやらの思し召しなのだろうか。 運命ってやつはいったいなんなんだろう。 でも、かなしいのはいやだな。 醒めない時間を、たくさんたくさんありがとう。 生きている、幸せに…

AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙

珠理奈は、私のなかでは好きとか嫌いとかそういう次元にはずっといなくて、 ただ「これまでもこれからも絶対に推される存在」だとしか思っていなくて、 良くも悪くも単純に関心があまりなかったのだけれど、 いわゆる黄金期の中心メンバーがいなくなったいま…

【名前と】THE BOYZ おぼえがき【顔だけ】

ドボイズ、覚えられません!!!!! はい、『THE BOYZ』です。 それもそのはず、だってこれ、メンバー覚えさせる気がないでしょ!? そのくらいルックスについてはとにかく「すごくきれいに揃っている」のである。 「全員センター」、あ~なるほど。である…

LOOΠΔ、12人いる!

つよい。 つよすぎる。 これは星のひとつやふたつ救っちゃうんじゃない? だって美少女戦士とか魔法少女とかが大集結しちゃってるじゃん。 オールスター大感謝祭的な。大乱闘スマッシュブラザーズ的な。 6月2・3日に行われたプレミアグリーティングライブに…

アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +ファイナル in 日本武道館

あやちょ(和田彩花ちゃん)卒業発表を受けての駆け込み組です。 『Hello! Project』に関しては、ハロプロ全体で行われたグループ体制の大改編から、すっかりわけがわからなくなってしまって。 今回の公演も『十人十色』ということで、「あ、いまアンジュル…

レディ・プレイヤー1

映画を観終わってツイッターを開くと、 「宮澤佐江、芸能活動を一時休止」とのニュースがあがっていて、 まるで誰かに見られてるんじゃないかっていうタイミングでびっくりした(笑) ツイッターの公式モーメントになっていたり、あのヤフートップにまで!す…

スルギ @Moon Byul「SELFISH Feat. SEULGI of Red Velvet」ミュージックビデオ

スルギってすごくね? っていうことを言いたいだけなんですけど。 別の言い方をすると、ムンビョル・『MAMAMOO』もすごいぞ、って話なんですけど。 スルギといえば天下のSMエンターテイメントのエリートグループ『Red Velvet』のメンバー。 そのなかでも、死…

ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15「ZEROTOPIA」 in 赤坂ACTシアター(二回目)

一度目の観劇のあと、いわゆるロス状態になってしまったのです。 "宮澤佐江ちゃんの幸せな姿=佐江ヲタである私の幸せ"を、 もう一度だけ…!もう一度だけ…!、と思い、おかわりに至ったのでした。 今回は二階席・上手側での鑑賞。 佐江ちゃんが、「二階席は…

EXO-CBX “MAGICAL CIRCUS” TOUR 2018 in 横浜アリーナ

本公演の参加には、ちょっといろいろ経緯がありまして。 なぜか持っている謎の土壇場運を発揮して、公演の始まる数時間前に当日引換券を購入し、 あとは流れるように会場へ向かい~ので、参加へ至ったのでした。 その「当日引換券」なのですが、券を引き換え…

君の名前で僕を呼んで

薄暗い土砂降りのなか、劇場に着いた。 観終わったらすっかり雨は止んでいて…どころか、ど快晴だった。 まるで映画を観ているあいだに一晩過ぎたんじゃないかと思うほどだった。(実話) そういう感じの映画だった。 多方面に怒られそうだけど、すごくいいBL…

犬猿

おもしろくて、とても楽しく観てしまっていた。 ひとごとじゃない部分もあるのになぜか自分とは関係のないことのような気にさせるのは、 ちゃんとエンターテイメントになっているからだと思う。 センスもいい。かといって「センスいいでしょ?」というあざと…

WINNER JAPAN TOUR 2018 ~We’ll always be young~ in 日本武道館

まさかの私が!『WINNER』!!!!!!! デビューのときには頭を抱えたのも、もう遠い思い出です。 まさかの『WINNER』。なぜ『WINNER』なのか。 それはいままでの「K-POPアイドル」のライブへの参加とまったく経路が違いまして。 単純に、あんなに"オシャ…

VIXX 正規3集アルバム「EAU DE VIXX」/「Scentist - 香り」

えねねん、ガリガリすぎでは。 正規3集アルバム『EAU DE VIXX』をリリース、そしてカムバック。 相変わらずの被写体力でティーザーイメージは言わずもがな、素晴らしかった。 さすが、もはや安定のクオリティすぎる。 カムバックショーケースの際に、 『VIXX…