読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

帝一の國(二回目)

一回目の鑑賞は撃沈しました。 ・・・・・チーン。 映画『帝一の國』は局地的に大フィーバー。 流行りの応援上映まで行われるほど。 私はそんな「帝一フィーバー」に巻き込まれているひとたちが羨ましくてしかたがなかった。 同時に、すごく楽しみにしていたこ…

SEVENTEEN vs iKON

さてさて、ガチンコ勝負のゴングが鳴りにけり~~~! ポストEXO?ポスト防弾少年団? "SEVENTEEN vs iKON"!!!!! "ネクスト・ボーイズ・デセ・アイドル対決"!!!!! カンカンカンカン~~~~~~! 『SEVENTEEN』と『iKON』、ともにデビューは2015…

VIXX 「Shangri-La - 桃源郷」 ミュージックビデオ

私は彼らをナメていた。 激戦期!、のなか『VIXX』がカムバックしました。 涙でた。 このひとたちすごい次元に行ってしまったのだと。 前作・ギリシャ神話コンセプト3部作の最後を飾った『The Closer』からの流れを、 しっかりとオリエンタルな雰囲気に昇華…

VIXX ミニアルバム4集「桃源郷」 コンセプトフォト "Birth Flower"

なんだこれ(笑) 桃源郷て(笑) コラかて。 時代劇ミュージカルのポスターかて。 お酒の広告かて。 一億総びょるぴの皆さま、ごめんなさい。 最初、私にはこれは「ネタ」なのか「マジ」なのかわからなかったのです。 でも、彼らが「マジ」じゃなかったこと…

帝一の國

もうまず、公開されたメインキャスト6人のビジュアルが最高すぎました! 原作漫画はまったく知らなかったのですが、 このキービジュアルからキャラクターの魅力があふれまくっている! なかでも、氷室ローランドに扮した間宮祥太朗ね。これはもう負けた。 こ…

菅田将暉 @世にも奇妙な物語 ’17春の特別編「カメレオン俳優」

映像・舞台にと若手男性俳優が花盛りの昨今。 そのなかでも"「菅田将暉」という俳優"は、間違いなくトップ圏内に君臨していると思います。 彼の演技に関しては、「うまいんだけど、ちょっとやりすぎかなぁ」、みたいな印象があり、 「イケメン若手俳優」とい…

草間彌生展「わが永遠の魂」 / ミュシャ展

久しぶりに都内の美術館の大規模展覧会に足を運びました。 前回は確か東京都現代美術館でのこちらの展示になるのかな…!?まじか! 今回の会場は国立新美術館。 だい~~~~ぶお久しぶりの訪問。 乃木坂駅から直結の出入り口の先にあった長いチケット販売列…

Triple H コンセプトフォト

"キム・ヒョナの新しいユニット"として注目されている3人組混成グループ『Triple H』。 5月1日にK-POP戦線に出陣です。 スンさんとのユニット『Trouble Maker』のヒットの実績もあるヒョナ。 まぁ、なんやかんや言われているところでは言われているらしいの…

ムーンライト

びっくりした、わからなすぎて(笑) と、いうわけで以下閲覧要注意でお願いいたします。 ってかわからない私を許して。 よく、「トランプに獲らせてもらったアカデミー賞」と言われているのを見かけたけれど、 それに反論できる要素がない(笑) "センシテ…

平野紫耀 @大塚食品 ビタミン炭酸MATCH(マッチ) CM

彼はいつだって、 空気を自分のものにしてしまう、 「主人公」。 それが、平野紫耀。 (祝・初単独CM記念ポエム) その"圧倒的な主人公感"は、 ドラマ『SHARK』のころからまったく変わっていない。 そして、"外"に出てこそなお輝く。

OH MY GIRL 「Coloring Book - カラーリングブック」 ミュージックビデオ

ごめんねごめんね。 カワイイカワイイって、みんながめっちゃ盛り上がってるのは知ってる。 だがしかし、自分は悲しい。 ごめんね。 カワイイ!カラフル!ポップ!ハッピー!ハイテンション!ノンストップ! でもそれ、つい最近、『Red Velvet』がやってるん…

バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~

どっかーん!今期いちばんの大本命! このキービジュアルだけでも勝ちでしょ! 遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研。 この面々が揃ったというだけでも、もうひとつのエンターテイメントですよ。 テレビドラマ史に残る事件なんじゃない…

3月のライオン 前編

大・大・大好きな漫画『3月のライオン』。 私はあまり漫画の登場人物に自分を重ねることはないのだけれど、 主人公・桐山零と、その義姉・杏子のふたりは、まるで自分の一部なんじゃないかと思うくらいのシンパシーを感じている。 でも、だからこの漫画が好…

カルテット

おもしろかったです! 静かでミステリアスでありながらストーリーは二転三転と大きく動く! 前半はちょっとだるかったのだけれど、 毎回ラスト数分で物語が予想だにしない方へ向かうので後半は次の回が楽しみで楽しみで! キャッチコピーで「大人の恋はやっ…

BTOB 「MOVIE」

絶賛執り行われている"K-POP・冬の陣"のさなか、『BTOB』がカムバック。 タイトル曲『MOVIE』でオトナの階段登ったってよ! すっごくイイ~~~~~!!!!! イマの『BTOB』に気持ちいいくらいピッタリと合っている!!!!! しっかりとデビュー5年目でグ…

TWICE 「KNOCK KNOCK」 vs GFRIEND 「FINGERTIP」

今シーズンあっちもこっちも(どっちだ)カムバック大渋滞! そんななか昨年のK-POPシーンを彩ったガールズグループも次々カムバック。 そんななか、注目はこちら。 2017年"K-POP・冬の陣、 新世代トップ・オブ・ガールズグループ対決"・ "TWICE vs GFRIEND"…

お母さん、娘をやめていいですか?

さながらお化け屋敷。 「ひ~~~~~!」「きゃ~~~~~!」「こわい~~~~~!」と、 ぎゃーぎゃー騒ぎながら数々の出来事に戦慄し、存分に楽しませていただいておりました! もうなんか、スムージーがこわい。 スムージー、トラウマになりそう(笑) …

ラ・ラ・ランド

ネタバレしますね。 つらかった。 しつらえはさながら"「オトナ」のファンタジー"。 だからこそ"「オトナ」のつらさ"が振りかかってきたように感じたのかな。 最初からド派手なミュージカル炸裂で、 一曲目(?)が終わった直後は立って拍手したいくらい感動…

'17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN in 横浜アリーナ

"一度でいいからライブを見てみたいアイドル"のうちのひと組だった『SEVENTEEN』。 昨年の初単独来日公演は残念ながら参加することができませんでした。 だって当時の人気ぶりで中野サンプラザってキャパ小さすぎでしょ! そんな私ですが、ついについに! 『…

沈黙‐サイレンス‐

遠藤周作による原作未読+スコセッシわからん状態でなんとなく観た本作。 エンタメどっかんどっかんな映画が好きなので、 決してタイプの映画ではありませんでした。 全編トーンがあまり変わらないので、やや退屈でもありました。 例え残虐なシーンがあったと…

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

2016年は、なんと首都圏の美術館・アートギャラリーに一度も行かなかった。わお。 単純に"美術館欲"(なんじゃそりゃ)がすごく低下してしまったがゆえだと思う。 そんななか、今回重い重い腰を上げて今回の篠山紀信展に行ってまいりました。 つい最近まで品…

TWICEの日本デビューで明らかになる?、「K-POPだから」の正体。

ついに! ミサモ凱旋じゃ~~~~~!!!!!!!! 『TWICE』の日本デビューの足音が聞えてまいりました! 渋谷109には予告なくデカデカとポスターが貼られ、多くのひとがそれを目撃しております。 「K-POPだから」。 そうやってワクをつくって、 そのなか…

続・「ヒジンさん問題」。~ それでも私はアイドルのパワーを信じる

「ヒジンさん問題」とは。 それは、『SHINee』のミュージックビデオにブチ切れたときにコメント欄で生まれたことば。 SMエンターテイメントの「アイドル」とその「ディレクション」に関する、ヒジョーにナイーブな問題である。 と、SMエンターテイメントのア…

Red Velvet 「ROOKIE」 カムバックステージ

みんな~~~ルキルキしてる~~~~~????? 『Red Velvet』がカムバック、カムバックステージにてパフォーマンスの全容が明らかに! ルキルキ!!!!!スルギ姐さんの頼もしさにルキルキルキルキ!!!!! この「楽しさ」、いま体感できるのはレドベ…

つばきファクトリー 「初恋サンライズ」

『Hello! Project』から『つばきファクトリー』がメジャーデビューしますね。 個人的に、『つばきファクトリー』という存在はヒジョーにわかりにくかった。 先にデビューした『こぶしファクトリー』が念には念を入れて結成されたものだとしたら、 「対(つい…

チャニョル(EXO) × ウジ(SEVENTEEN)

これって夢かな? 우지 in the Studio 519 #졸귀탱 EXO_CYさん(@real__pcy)が投稿した写真 - 2017 1月 26 10:21午前 PST 夢じゃなかったああああああああ!!!!!!!!! 『EXO』のチャニョルのインスタグラムに、 『SEVENTEEN』のウジくんがご登場でござ…

2NE1 「GOODBYE - アンニョン」

『2NE1』が最後にリリースした楽曲のタイトルはそれだった。 「アンニョン」。 私は韓国語はさっぱりわからない。 でも「アンニョン」は知っている。 親しいひとにつかう挨拶のことば。 もともとCLちゃんのソロ曲だったとか、 それは脱退したミンジに向けら…

それでいいのか、NCT。

2017年になるやいなや、K-POPシーンはデビュー・カムバックの嵐!さすが激流! 昨年発足したSMエンターテイメントの『NCT』から、『NCT 127』もカムバック! "追加メンバーにジョニーとドヨンを迎えて"! …え? NCTについては、『NCT DREAM』で、なんとなく…

宮澤佐江 @おっさんずラブ

Q.このお姉さんはだれですか? A.正真正銘、宮澤佐江ちゃんです!!!!!!!! 今年、AKB48グループを卒業した、宮澤佐江ちゃんです。 ■ みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサート in 日本ガイシホール ■ SNH48 チームSII 宮澤佐江卒業公演 in ラ…

【まとめ】俺のK-POP 2016【後編】

前編はこちら。 さて、後編に参ります! 【7月】■ Wonder Girls vs BEAST vs SEVENTEEN下半期に入り、ガチンコ対決記事の第二弾でございます。 4月に続き、またもやせぶちが巻き込まれています(笑)該当曲はせぶちのこれまでの作品のなかで、ダントツで楽曲…

【まとめ】俺のK-POP 2016【前編】

今年もK-POPにはとっても楽しませてもらいました! と、いうことで昨年に続き、K-POP関連の記事を振り返りかえろうという催しでございます。 昨年は、 【まとめ】俺のK-POP 2015【前編】 【まとめ】俺のK-POP 2015【後編】 こんなかんじでした。 以下、昨年…

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

すご~~~く楽しみにしていた『ファンタビ』、ようやく観てきました! かなり久しぶりの外国の映画、しかもあまり馴染みのないジャンルにドキドキ。 頭カラッポにして楽しみました。 外国人俳優でアイドル的な求心力をキャッチしているのは、 私のなかでは…

SHINee @2016 FNS歌謡祭 第2夜

その情報はいつの間にかツイッターのタイムラインに現れていた。 「『SHINee』が『FNS歌謡祭』に出るんだって!」 …ま、まじで!? 気がつけばあっという間にその話題であふれ、日に日にその勢いは増していきました。 界隈は披露曲が近々にリリースされる日…

第15回ハロプロ楽曲大賞'16

さて、今年もこの季節がやってまいりました! 【第15回ハロプロ楽曲大賞'16】 4回目の投票となります。 過去の(私の)投票はこちら。 【第12回】【第13回】【第14回】 ではいきまーす! 以下の文面は、いつものとおりすべてごく個人的なものですのでご了承…

この世界の片隅に

原作未読、アニメーション映画版を観ました。 一見萌え系のチラシビジュアルが苦手で、評判に背中を押されるかたちで鑑賞に至りました。 けれど、観る前と観た後ではチラシの見え方がまったく変わる鮮烈な作品でした。 このクオリティをして、公開当初、全国…

EXO PLANET #3 – The EXO’rDIUM in JAPAN in 東京ドーム

"モンスター・グループ"は、私のなかでは"モンスター・コンテンツ"になっていたのでした。 私のなかでの"「K-POPだから」のわく"にとらわれることなく、 「EXOだから」という理由でまるで定点観測をしているかのように見守っている『EXO』。 そんな彼らの二…

溺れるナイフ

原作未読、実写映画版の感想です。 イメージビジュアルが公開されたときは、 そのイノセントな雰囲気に強く惹かれて、絶対に観たい!、と思っていました。 だけど、予告映像を見て、そんなテンションは一気に下がってしまったのでした。 それはカリスマを持…

追われるEXO、負けたくないEXO、2016年のEXO。

さて、韓国の、どんだけあんねん!な、授賞式シーズンがやってまいりましたね。 メジャーどころではつい先日・11月19日に『2016 MelOn MUSIC AWARDS』(メロンアワード)が行われました。 でも、いままでメロンアワードにはそんなに興味がなくて。 なぜなら…

スーパープレミアム「獄門島」

横溝正史の最高傑作 数々のミステリーランキングで1位に輝く名作をドラマ化 長谷川博己演じる新しい金田一耕助が事件の謎に挑む! 戦争直後の瀬戸内の孤島を舞台にした、おどろおどろしい雰囲気、殺人の巧みなトリック。昭和22年の発表当初から高い評価を受…

BOYS AND MEN @ベストヒット歌謡祭2016

ぜんっっぜん情報を知らなかったので、 ほんっっとうにびっくりしました! まもなく勝負の時です☆頑張ります!#ボイメン #ベストヒット歌謡祭2016 pic.twitter.com/9uyHbpT0Nw— BOYS AND MEN (@BOYSANDMENinfo) 2016年11月17日 テレビを何気なくつけていたら…

f(x) the 1st concert DIMENSION 4 - Docking Station in JAPAN [ENCORE] in 横浜アリーナ

去年あたりから"「K-POPだから」という理由で現場に行くのはやめよう"と、思っていた。 もちろんここで指す「K-POPだから」の「K-POP」は"好きなもの"の意も。それでも、だ。 『K-POP』というものが少しずつわかってきて、 『K-POP』というものに翻弄される…

VIXX 「The Closer」

チェンベクシチェンベクシうるっさいんじゃ!!!!!!! ハロウィンなんじゃ!!!!!!!!! ハロウィンといえばダーク・アイドル・VIXXじゃろうがああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!! ハロウィンの夜、『VIXX』のお兄さんたちは、 こ…

【悲報】VIXX、囲まれる。【The Closer】

デセ・ガールズグループ『TWICE』がカムバックしましたね。 音源怪物新人『BLACKPINK』とのガールズグループ対決が話題になっていますね。 モンスターグループ『EXO』から『EXO-CBX』が初のユニットデビューしますね。 ただでさえ、すでにカムバック活動をし…

永い言い訳

「私は西川美和作品が苦手かもしれない」という疑惑が確信に変わっただけだった。 ふたりの"西川美和監督自身の持つ理想であろうかわいい男"を、 ひたすらにかわいくかわいく描いただけの作品のように思えた。 設定もストーリーも、メッセージも、なにより男…

VIXX ミニアルバム3集「Kratos」 コンセプトフォト#1

こ、 こ、 このど変態め!!!!!!(褒めてる) さて、『VIXX』の2016年のカムバックプロジェクト・ギリシャ神話コンセプト3部作『VIXX 2016 CONCEPTION』が、 『Zelos』( /『ダイナマイト(Dynamite)』)・『Hades』( /『Fantasy』)を経て、 『Kratos…

℃-uteコンサートツアー2016秋 ~℃OMPASS~ 夜公演 in ハーモニーホール座間 大ホール

私が、『℃-ute』が、"日本一の実力派アイドルグループ"だと認識したのは、 約6年前に『Danceでバコーン!』のダンスショットver.のミュージックビデオが公開され、 "ライブではMVそのままのクオリティでパフォーマンスが披露される"との情報を得たとき。 当…

怒り

例によって吉田修一による原作小説は未読です。 この布陣!、と揃えられたキャストの面々の豪華さが話題にならないわけがないし、 それがゆえに期待もしてしまうってゆーものです。 その期待には、個人的にはバッチリ応えてくれたと思います。大満足です。 …

平野紫耀 @Dance SQUAREE ダンススクエア vol.15

(以下、ただ"雑誌を購入しただけ"のおおげさなポエムです) いつもどおり、本屋に赴いた。いろいろな雑誌のコーナーを立ち読みしていた。 いつもどおり、たどりついたエンターテイメント雑誌のコーナーで足が止まった。 平野紫耀。 彼がひとりで雑誌の表紙…

オーバー・フェンス

終演後、スクリーンを睨みつけていた。 それからしばらく、顔はこわばったままだった。 なかなか最寄りの映画館ではお目にかかれない東京テアトルさんの配給映画。 豪華キャスト、有名監督、有名原作(らしい)と、約束されたクオリティにもかかわらず、 作…

Apink 第3集アルバム「Pink Revolution」 ティーザーイメージ / 「Only one - 私がドキドキできるように」 ミュージックビデオ

2014年、『LUV』の大ヒットによりいよいよ天下取りの準備は整っていた『Apink』。 ところが昨年、『少女時代』との勝負という絶好の機会にスベり、(個人の感想です!) その後、スベったまま約1年以上が経ちました。 そんな彼女たちが、ついに動き出した! …