ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY

いまや各ジャンルのヲタクを魅了し、
さながらヲタクの必修科目になりつつある『HiGH&LOW』プロジェクト。
プロジェクトの発足アナウンス時からは想像できないほどの確固たるコンテンツに成長し、
前作『HiGH&LOW THE MOVIE』(ザム1)をちゃんと楽しめなかった身としては、
その盛り上がりっぷりに背中を押されるかたちで鑑賞に至りました。




いや~~~~~楽しかった!!!!!!!




ドラマシリーズのときからあったうんざりする面倒臭い回想シーンがほぼなくなっていて、
(ちゃんと今作から観るひとへのファンも楽しめる超カッコいいダイジェストはあるよ!)
物語の勢いマックス状態で突き進むのがよかったなぁ。
あれはすごくいい改変。界隈でジャンルとして確立されたからこそ為された改変なのかなぁ。


テレビドラマシリーズ『HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』(シーズン1)から徹底されている、

とにもかくにも画が豪華。

と、いう点。


ザム1では「良くも悪くも、画のスケール感が同じ」と、
当時はあまりドラマ版と映画版の違いを感じることができませんでした。


それから今日にいたるまでに、『HiGH&LOW -THE LIVE-』のライブビューイングを観たっていうのが個人的にはでかくて。
そこで改めて「これが俺たちのエンタメ!これがハイロー!」っていうのを突きつけられて、
改めて『ハイロー』というコンテンツを受け入れられたような気がしたんです。
だから、ライブで一拍置いた今作・ザム2では音楽が鳴るたびにテンション爆上がり。


映画館で聴く『HIGHER GROUND』最高すぎ!!!!!!!!!!


「画が豪華」でかつ、音楽との親和性がサイコーなので、
ずっとアッパーなミュージックビデオを見てるような高揚感があったし、
それはもはやハイローのお家芸ですよねぇ。


大乱闘のシーンはひたすらにカオスなのだけれど、
刷り込まれたチーム曲とチームビジュアルがしっかりと役割をはたしていていて、
ちゃんと展開するから退屈じゃなかった。




前述のとおり、正直ザム1はあんまり楽しめなかったのだけれど、
そのほとんどの理由は単に「ストーリー」を求めてしまった部分が大きい。


本作(ザム2)は、


途中からストーリーが私のなかで消滅した(笑)


だから単純に豪華な画を爆音とともに楽しむだけになったので、
結果的に祭りで踊れたわけですよ!やったね!


前半、大人の男たちが揃いも揃ってUSB、USBって言いまくるのが本当におもしろくて、
笑いを堪えるのに必死だった(笑)USBって何回言ったんだ(笑)


で、そのUSBがストーリーから影をひそめるとともに、私もストーリーからログアウト。
多すぎるキャラクターたちに揉みくちゃにされてわけがわからなくなっていて、
気がついたら踊っていた!祭りだ!




初期作品より、俄然むずがゆいくらいの「カッコよさ」にこだわる姿勢が潔かった!
カッコつけることを絶対に恥ずかしがらない!!!!!
ハイレベルなアクションシーンをしょっぱなからずっとぶっぱなしていて、
それらの作画はさながらめちゃくちゃ二次元のそれなのだけれど、
それを実写でちゃんとやってのけてしまうのがハイローのすごいところ。


なんか、ここにきてようやく「全員主役」っていう謳い文句がしっくりきたというか。
ストーリーが(私のなかで)なくなって、あふれんばかりの作りこまれたキャラクターがただただガンガン暴れる様子は、


「全員主役」、というより、


「主人公不在」という印象。


ザム1での「琥珀さあああん!」現象にさっぱりノれなかったクチとしては、
主人公不在によって、ただカッコいい映像として楽しめた点が本当に良かった。




キャラクターの多さがまじでやばい、ハンパない。
しかも各界隈から有名無名ごちゃまぜでキャスティングしているのがさすが。(の資金力)


ハイローのプリンセスに認定されている琥珀さん(AKIRA)は登場しただけで沸いた(笑)
琥珀さん!なんで髪の毛伸ばしたんですか!どうしちまったんだよ琥珀さん!!!!!!
そして女房の九十九さん(青柳翔)のターミネーターっぷりも健在。


いやぁ、なかでも小林直己さんが演じた源治はめちゃくちゃマンガだったわ。すごかった。
あれ、きっとアクション映画のオファー殺到するんじゃない?


村山(山田裕貴)は天性のアイドルみと立ち回りのカンのよさがめちゃくちゃ気持ちいい。


スモーキー(窪田正孝)がスケジュールと戦っていた(違)関係で、
RUDE BOYSはタケシ(佐野玲於)とピー(ZEN)が代表代理扱いだったのだけれど、
サノレオくんめちゃくちゃ貫禄ついていてびっくり。確か冒頭いちばんに映るのも彼だよね?


そしてそして九龍グループの源会会長を演じた高嶋政宏が最高!!!!!
私、高嶋兄弟、大好きなんですよ~。
ふたりそろってベクトルは違えど、品がありながらもエキセントリック、というような演技がうまいじゃないですか~!
今回も想像以上にカマしてくれてとってもイイ!




がっかりしたくないなぁ、迷うなぁ、と思いながらも、
思い切って観に行って本当によかったです!


何も考えずに眺めてるだけでもかなり楽しいと思うので、
疲れているときなんかにレイトショーとかでゆるりと観たい感じ。
続編が11月とかまじかよ。待てるのか俺。

「Wanna One」や「I.O.I」らが教えてくれた新しいK-POPアイドルのメソッド

『Produce 101 Season 2』(プデュ2)から生まれた『Wanna One』、すっかり虜です。
おぼえがきの効果たるや絶大!(要するにチョロい)


プデュブランドの熱が冷めぬうちにといわんばかりに、
ワナワンメンバーには惜しくも漏れた参加メンバーのモーレツな売り出し方も凄まじい…!


けれどそのなかでも、プデュ2で見事に人気と知名度を得た『NU'EST』メンバーが、
見事にグループの人気と知名度を持ち帰り、ふたたび『NU'EST』というグループに、
熱い視線が集まったのは本当に本当に嬉しい!
そして、ワナワンメンバーになったミニョンくんの美しさが、
世間にどんどん見つかっていっている様子は痛快でございます!
ミニョンくん、こちらの心配なんてなんのその、K-POPの中心を謳歌しているではないか!
よかったね~よかったね~!




『Wanna One』や先に同番組で誕生した『I.O.I』。
彼・彼女らの何が凄いって、メンバーそれぞれの個性がものすごく際立っているんですよね。


従来のK-POPアイドルグループは、
それぞれの芸能事務所が、ひとつのグループをつくるために、
メンバーを集め、コンセプトを決め・・・・・・・という感じだと思います。
私はその過程にあるディレクション、とくにビジュアル面の部分をとても楽しんでいました。
その間に、メンバーは数年単位で練習に練習を重ね、
完成度の高い「K-POPアイドル」としてデビューすることにまい進します。


サバイバルやオーディション形式でメンバーを選定していったアイドルプロジェクトは、過去にいくつもあります。
でも私の知っている限りでは、そのほとんどは、
"特定の事務所に所属する練習生が、その事務所内で開催するものに参加する"、というもの。


そこですでにわかるのは、
それぞれの事務所がある程度、ビジョンを持ってグループづくりを行おうとしている姿勢。
だって参加する練習生は、その事務所になんらかのかたちですでに所属しているわけで。


そういったことを踏まえてると、『I.O.I』メンバーのその後、
あれだけ盛り上がったにも関わらず・・・・・・・と、いろいろと思うところがあります。


『I.O.I』のなかで、あんなにも個性が際立っていたメンバーたちは、
もともと所属している事務所がつくったグループのなかでは、
いま現在、いまいちその個性を生かせていないように感じます。
ソロで活動することになったパターンがいちばんうまくいっているような。




そこで明らかになったのは、
"人間の「魅力」">>>"事務所の「企画」"という構図。




『Wanna One』も『I.O.I』も、"同じ事務所に所属することはなかった"、または、
"同じグループに所属することはなかった"練習生メンバーたちがごちゃ混ぜ。


だからいろいろな角度からのバランスは良くないかもしれないけれど、
そのバランスのいびつさが「個性」を際立たせ、
印象の強い「キャラクター」として、しっかりと独立します。




同じ「美形」でもぜんぜんタイプの違うオンさんとミニョンくん。
そんなふたりがいま現在、同じグループに所属している奇跡。




アイドルがいろいろな層に受け入れられるには、
"「キャラクター」化"が必要不可欠であることに関しては、たびたび触れてきました。
アイドルファンが注目するのは、そういうところとはまた別のところなのだろうけれど。
けれど、アイドルそのものに興味が薄い層が気軽に接することができるのは、
「キャラクター」と化したダイレクトな"人間の「魅力」"の部分なのかもしれません。


そんな「キャラクター」たちの集まりは、そりゃ強いです。
それらは楽曲やビジュアルなどのディレクションをも、
まるっと飲み込んでしまうパワーがあります。
だから、どんなコンセプトを与えられても、きっと大丈夫。
と、いうかグループ結成に至るまでのプロセス自体がコンセプトそのものなんですよね。
逆にいうと生半可なディレクションは"「キャラクター」化"の原動力である、
"人間の「魅力」"といういちばん核になるところには届かないのでは。




私は、『Wanna One』も『I.O.I』も好きです。
でも、この場合は、ディレクションがなんたら~というよりは、
グループそのものやそれぞれのメンバーそのものが好き、という感じです。
で、「練習生」といえど"あの韓国の芸能事務所"の「練習生」なわけですから、
実力だってしっかり評価されたうえでしっかり選ばれている。
ただ、グループ活動期間が終わり、それぞれ戻っていく所属事務所が違うだけで。




さぁ、各芸能事務所事務所よ、どうする。
"人間の「魅力」">>>"事務所の「企画」"という図式が、はっきりと表れたいま、
「韓国三大事務所」と呼ばれるSM・YG・JYPとて、うかうかしていられぬのでは。


こうして、社会現象となった『Produce 101』や、
その波に乗ろうとこれからどんどん行われるであろう似た趣向のプログラムらに、
どう立ち向かっていくのか。
とても重要な課題事項になるのではと思います。


私は「アイドル」という存在そのものも好きだけれど、
「アイドル」に施される「ディレクション」=「作品」も同じくらい好きです。
いち傍観者にすぎないけれど、K-POPアイドルシーンのいちファンとして、
このムーブメントに負けない次の一手を楽しみにしています。